新型コロナウイルス(ラオス国内の確定症例9月11日)

【ポイント】

〇9月11日、ラオスCOVID-19対策特別委員会は、サワンナケート県67名、チャンパサック県50名、ルアンパバーン県37名、カムワン県33名、ボケオ県8名、首都ビエンチャン6名、サラワン県3名の計204名の新規感染者が確認された旨発表しました。これで感染者数は計17,140名になりました。

【本文】

1 9月11日、ラオスCOVID-19対策特別委員会は、サワンナケート県67名(帰国労働者54名、市中感染13名)、チャンパサック県50名(帰国労働者12名、市中感染38名)、ルアンパバーン県37名(帰国労働者3名、市中感染34名)、カムワン県33名(帰国労働者9名、市中感染24名)、ボケオ県8名(市中感染)、首都ビエンチャン6名(帰国労働者4名、市中感染2名)、サラワン県3名(帰国労働者2名、市中感染1名)の計204名の新規感染者が確認された旨発表しました。これで感染者数は計17,140名になりました。

2 市中感染者の詳細

(1) 首都ビエンチャン2名

サントーン郡Ang-Yao村1名、ハートサイフォン郡Nongheo村1名。

(2) サワンナケート県13名

・ 9KM臨時病院への派遣看護師4名(ソンブリ郡1名、セーポン郡1名、カイソーン・ポムヴィハーン市1名。残り1名の情報は発表なし。)

・6KM刑務所警察官との濃厚接触者3名(フアムアンヌア村1名、ポーンサワーンヌア1名、サイニャムンクン村1名)

・ポーンシム村2名(サワンパーク社の感染者との濃厚接触

・ソップポイ村1名(村の職員との濃厚接触

・ウドムヴィライ村1名(消毒液噴霧ボランティア)

・カイソーン・ポムヴィハーン市刑務所1名

・6KM刑務所1名

(3) チャンパサック県38名

以前発表したパトゥムポーン郡ヘルスセンターの感染者との濃厚接触

(4) カムワン県24名

・チョムトーン検査所16名

・県病院緊急課検査所6名

・21ミーナー隔離施設1名(以前発表した感染者の子供)

・軍病院1名(以前発表した感染者の子供)

(5) サラワン県1名

40歳男性、県治安局の職員

(6) ボケオ県8名

全てゴールデントライアングル経済特区

(7) ルアンパバーン

(本日発表された同県の市中感染者総数は34名とされているが、会見では以下のとおり計38名の内訳が発表されている。)

ルアンパバーン市内ヘルスセンター看護師1名

・フアイマオ隔離センターへ派遣された警察官1名

・他県からルアンパバーンに戻り、県内の施設で隔離中であった以下の36名

-ビエンチャン県カシー郡ターンナイ村のバナナ農園労働者20名

-ビエンチャン県バンビエン郡Nieng村ゴム農園労働者4名

-サイニャブリー県パークライ郡製材工場労働者8名

-ポンサリー県ブンヌア郡メイド及び建設労働者各1名

-メイド2名

新型コロナウイルスに関する厚生労働省HP】

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

【問い合わせ先】 在ラオス日本大使館領事班

開館時電話:021-414-400〜403

閉館時緊急電話:020-5551-4891

メール:consular@vt.mofa.go.jp

※大使館からのお知らせメールの配信停止は,以下のURLから手続きをお願いいたします。 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/delete?emb=lao

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止されたい方は,以下のURLから手続きをお願いいたします。 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete