【緊急】オアハカ−チアパス間深夜バスの乗客に対する強盗事件の発生

10月16日午前1時頃、オアハカからサン・クリストバル・デ・ラス・カサス(チアパス州)へ向かう深夜バスに乗車していた邦人が、銃器を所持した強盗犯グループに現金を奪われる被害に遭いました。

1 概要

邦人男性の旅行者1名がオアハカからチアパス州のサン・クリストバル・デ・ラス・カサスへ移動するため、午後8時頃オアハカ発の深夜バスに乗車した。

午前1時頃バスが急に停車し、怒声と共に目出し帽をかぶった強盗犯4〜5人がバスに乗り込んできて、乗客に対して銃器を突きつけ、降車するように命じた。

強盗犯は降車した乗客から現金や携帯電話機等を奪い、更に1人ずつ身体検査をした後に逃走した。

邦人被害者は犯人に小突かれたものの負傷はなく、現金のみが奪われた。

乗客にはメキシコ人の他、複数の外国人も乗車していた。

2 注意点

(1)強盗事件は各地において昼夜を問わず発生しており、十分に注意していても、被害に遭ってしまうことがあります。

当地の強盗犯は銃器を所持している可能性が高いことから、万が一強盗犯に遭遇した際には、次の行動を取ってください。

・気を落ち着かせ、パニック状態にならないようにする

・両手をゆっくりと上げ、抵抗する気がないことを示す

・抵抗されると犯人が認識するような急な動作をしない

・犯人を注視したり、追ったりしない

犯人に対し無抵抗で金品を差し出した場合、生命身体に危害を加えられる危険性は低くなります。決して抵抗はしないでください。

(2)都市間の陸路での移動は少なからず危険が伴います。できる限り航空機を利用する、または昼間の明るい時間に有料高速道路を利用するようにしてください。

(問い合わせ先)

在メキシコ日本国大使館

住所:Paseo de la Reforma No. 243、 Torre Mapfre Piso 9、 Col. Cuauhtemoc、 C.P. 06500 Mexico、 Ciudad de Mexico.

Tel:+52(55)5211-0028(代表番号が不通の場合:+52(55)5091-3081)

Fax:+52(55)5207-7030

メール:ryojibu@me.mofa.go.jp

★外務省海外安全ホームページでは、海外における安全対策としての注意事項をまとめた各種資料を公開していますので、皆様の海外安全対策にお役立てください。

<ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル>

 https://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html

<海外安全 虎の巻>

 https://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/toranomaki.pdf

<海外赴任者のための安全対策小読本>

 https://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/pamph_08.pdf

<海外における脅迫・誘拐対策Q&A>

 https://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/pamph_04.pdf

★万が一、犯罪被害に遭われた際は、当館領事班までご連絡ください。

★転居・帰国・家族構成の変更等により在留届の記載事項に変更があった場合は、インターネット( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )で変更の手続きをしていただくか、変更届をFAX、郵送またはスキャンデータのメール送信にて当館まで提出していただくようお願いします。

変更届フォーマット:https://www.mx.emb-japan.go.jp/files/000180336.doc

★日本人の安全に関わる情報等広く周知すべき情報は、在留届に登録されたメールアドレスに送信されます。その他の情報に関する大使館からのお知らせメールの受信登録、削除及びメールアドレスの変更は、次のURLからお願いします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/menu?emb=mx

★「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続をお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete