【期間延長】トルコ入国時におけPCR検査陰性結果の提示義務化について(第75報:3月1日)

●トルコ入国時におけるPCR検査陰性結果の提示義務に関し、2月27日、トルコ外務省(在東京トルコ大使館)のツイッターによると、5月26日まで提示が引き続き求められるとのことです。

(在東京トルコ大使館ツイッター:日本語)https://twitter.com/TurkeyinJapan/status/1365591524860305410

●一方、トルコ内務省の内部通達によれば、本件延長期間は次の発表があるまでとされており、延長期間は明確となっておりません。いずれにしましても、当面の期間、トルコ入国に際してはPCR検査結果の提示が求められる模様ですのでご留意願います。

●なお、本件措置はトランジットやトランスファーの旅客には適用外とのことです。

イスタンブール日本国総領事館 領事班

代表電話:0212-317-4600

FAX :0212-317-4604

メール:ryoji@it.mofa.go.jp

総領事館ホームページ:https://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/ 

○外務省海外安全ホームページ: https://www.anzen.mofa.go.jp

※このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続をお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete