日本における自宅等待機期間の変更

○1月29日午前0時(日本時間)から、オミクロン株が支配的になっている国・地域(現時点では全ての国・地域)からの帰国者・入国者の自宅等待機期間が変更されました。

1 1月29日午前0時(日本時間)から、全ての国・地域からの帰国者・入国者に日本政府が求めている自宅又は宿泊施設での待機、待機期間中の健康フォローアップ、公共交通機関不使用の期間を、オミクロン株が支配的になっている国・地域(現時点では全ての国・地域が該当するため、スウェーデンも含まれます。)からの帰国者・入国者について、10日間から7日間に変更されました。既に日本に帰国・入国し、自宅等待機中の人の待機期間も変更されました。

2 なお、今後、オミクロン株以外の変異株が支配的になっていることが確認されている国・地域に指定された場合は、当該国・地域は自宅等待機等の期間が14日間になります。

3 スウェーデンでも、国内の新型コロナウイルス感染症予防対策が引き続き強化されています。公共空間で社会的距離を確保し、混雑した場所を避け、可能な限り公共交通機関以外の交通手段を利用することが求められること、移動中であれば、混雑時及び公共交通機関において社会的距離が確保できない場合(長距離・短距離の別、バス、電車、タクシー、船等の手段を問わない)は、マスクを着用すること、在宅勤務が可能な場合には在宅勤務を行うことのほか、イベント、集会、会食等における制限を設けること等が内容となっています。イベント、集会、会食等に参加する必要がある場合には、十分な感染対策を行うようお願いします。

【参考:在スウェーデン日本国大使館 新型コロナウイルス感染症対策情報】

https://www.se.emb-japan.go.jp/nihongo/novel_coronavirus.html#japan

スウェーデン日本国大使館

TEL:+46-(0)8-5793-5300 (閉館時は緊急電話対応業者につながります)

FAX:+46-(0)8-661-8820

H P:http://www.se.emb-japan.go.jp/

メールの配信を停止したい方は当館領事部にご連絡ください。