ドイツにおける防疫措置 (ラインラント・プファルツ州における新たな制限措置)

●3日、ラインラント・プファルツ州政府は、新たなコロナ対策州令を一部修正しました。

1.3日、ラインラント・プファルツ州政府は、4日から有効となる新たなコロナ対策州令を一部修正しました。

 修正の主な内容は以下のとおりです。

(1)2Gプラス・ルール(ワクチン接種者や快復者もコロナ検査の陰性証明が必要)に際し、所謂ブースター接種を受けた者は検査義務が免除されます。

(2)ワクチン未接種者の公共の場での集まりに際しての制限は、自らの世帯及び別の世帯に属する最大2名までとなりました。

(3)1000名以上が参加する大規模行事に際しては、収容能力の30%までに制限され、屋内では最大5000名、屋外では最大10000名に限定されます。

2.詳細は、以下の州政府プレスリリース(ドイツ語)及び州令をご覧ください。

 https://corona.rlp.de/de/aktuelles/detail/news/News/detail/ministerpraesidentin-malu-dreyer-menschen-mit-auffrischungsimpfung-sind-von-testpflicht-der-2g-plus-1/

 https://corona.rlp.de/de/service/rechtsgrundlagen/

在フランクフルト日本国総領事館

MesseTurm 34.OG, Friedrich-Ebert-Anlage 49, 60327, Frankfurt am Main

代表電話: +49-(0)69-2385-730(閉館時は緊急電話対応業者につながります)

領事部メール: konsular@fu.mofa.go.jp