ロンドン市内のスーパーで発生した異物混入事案に関する注意喚起

8月25日、ロンドン市内西部のフラム地区にある3つのスーパーマーケットにおいて、男が注射針で食品に異物を混入させた疑いがあるとして、地元当局は、同日夜にこれらの店舗で食品を購入された方はそれらを廃棄するよう呼びかけています。

https://news.met.police.uk/news/police-arrest-a-man-on-suspicion-of-contamination-of-foodstuffs-432610

 警察当局の発表によれば、25日19時40分頃、ロンドン市内西部にあるフラム地区の路上において男がわめいているとの通報を受けて警察官が駆けつけたところ、この男がフラムパレスロードにある以下の3つの店舗において、注射針を使って食品に異物を混入させた容疑で逮捕されました。

Little Waitrose:201-207 Fulham Palace Road, SW6

Sainsbury’s Local:179-183 Fulham Palace Road, SW6

Tesco Express:168-188 Fulham Palace Road, SW6

 異物が混入された食品は、加工肉及び電子レンジ対応食品と見られていますが、現時点においてその数量の程度や注射針の内容物については判明していません。

 つきましては、25日夜に上記の3つの店舗で食品を購入した方がおられる場合は、針穴の有無等にかかわらず、安全のためにそれらを口にすることはせずに廃棄するようお願いします。

 このメールは、在留届にて届出のあったメールアドレス及び「たびレジ」登録者宛に配信しています。既に英国にお住まいではなく、在留届を出されたままになっている方は、本メールに返信の形で結構ですので、全員のお名前と出国日をお知らせください。

 また、「たびレジ」登録者の方で旅行を中止した等の理由により配信停止を希望する方は、ご自身にて次の「たびレジ」ホームページにアクセスの上、登録した旅行情報の削除をお願いします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html

在英国日本国大使館 領事班

020−7465−6565