フランスから日本入国時の水際対策措置の変更(検疫所長の指定する場所での3日間の待機)

在留邦人の皆様

フランスに滞在中の皆様

8月14日0時以降にフランスから日本に入国する場合、検疫所長が指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設)での3日間の待機(到着日は含まれません)と3日目の新型コロナウイルス感染検査が求められます。

3日目の検査を受けて陰性と判定された場合、検疫所長が指定する場所を退所し、入国後 14 日目までの間自宅等で待機が求められます。

出発72時間以内の陰性証明書の取得など、これまで求められていた日本入国時の防疫措置は、引き続き求められますので、以下のウェブページにてご確認ください。

 『水際対策強化措置に係る国・地域の指定について(8月11日付)』

     https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100221453.pdf

 『水際対策に係る新たな措置について(厚生労働省)』

     https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

なお、現在成田及び羽田空港にて実施中の「海外在留邦人等の一時帰国時のワクチン接種(https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html )」の枠組みですでにワクチン接種の予約をしている場合でも、3日間の待機期間中はワクチンの接種をうけることができません。待機が求められている期間に接種を予約をされた方は、接種日の変更をお願いします(電話:+81-50-5806-2587,メール:mofa-vaccine-QA@asiahs.com )。

3日間の待機期間の経過後(3日目の検査にて陰性の場合のみ)、検疫所手配のバスで空港に戻りますが、その日の17時までであれば、予約時間と異なる時間帯でも、ワクチン接種を受けることが可能です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇

【日本入国時の水際対策措置についての詳細及び問い合わせ窓口】

厚生労働省ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/content/000747462.pdf

厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)

海外から電話の場合:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

国内から電話の場合:0120-565-653

照会受け付け時間:午前9時〜午後9時(土日祝日も可)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

在フランス日本国大使館  領事部

電話:01-4888-6200(海外からは +33-1-4888-6200)

メール:consul@ps.mofa.go.jp

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【新型コロナ関連Q&A】

新型コロナ関連の一般的なQ&A

https://www.fr.emb-japan.go.jp/itpr_ja/coronakanrenqna.html

短期渡航者用Q&A

https://www.fr.emb-japan.go.jp/itpr_ja/20001.html

【大使館からのメールの配信の停止・追加】

https://www.fr.emb-japan.go.jp/itpr_ja/09000.html