ギリシャ政府の新型コロナウイルス対策(国内制限措置の延長と一部変更) 

 ギリシャ政府が国内制限措置を延長・一部変更しましたので、お知らせします。今回の措置の有効期間については、6月21日までとなっています。

■1 今回の延長に伴う主な変更点

   

(1)夜間外出禁止時間帯を1時間緩和する(これまで午前0時30分から午前5時までの間だったところ、午前1時30分から午前5時までの間とする)。

(2)飲食店(屋外)における音楽の禁止を解除する(立食の禁止については継続する)。

(3)アーケード式の施設で客席があり、出入口が2箇所、かつ自然な換気が確保されている飲食店における営業を許可する。

(4)屋外コンサート会場・劇場等の観客数上限を緩和する。

   ・定員1,000名までの会場は、75%

   ・定員5,000名までの会場は、70%

   ・定員15,000名までの会場は、65%

   ・定員15,000名以上の会場は、10,000名まで

※ 上記(1)(4)については、事前のギリシャ政府発表では6月12日からの緩和とされていましたが、官報上では6月14日からの緩和とされています。

■2 参考事項

 ギリシャ政府発表によれば、感染状況が許せば、7月1日から、以下の制限措置緩和を予定しているとのことです。

(1)ケータリング、レセプションの参加者数を300人まで可とする(現行措置では100人まで)。

(2)深夜外出禁止の全面解除

■3 「制限措置の一覧」(当館作成資料)については、下記リンクからご確認ください。

https://www.gr.emb-japan.go.jp/pdf/list_202106011_kokunai.pdf

■4 「制限措置の詳細と外出時の申告方法など」(当館作成資料)については、下記リンクからご確認ください。

https://www.gr.emb-japan.go.jp/pdf/list_20210611_gaishutsu.pdf

ギリシャ日本国大使館

Embassy of Japan in Greece

TEL :210-670-9910, 9911

FAX :210-670-9981

e-mail :consular@at.mofa.go.jp