在留邦人の皆様へ: アルマティ市一時滞在外国人のワクチン接種について(続報)

 アルマティ市保健当局は、同市に仕事で一時滞在する外国人の自費によるワクチン接種の情報を否定しました。

●28日、アルマティ市衛生疫学管理局は、27日のベクシン同市主任衛生医師の発言(同市に一時滞在する外国人が自費でワクチンを接種することが可能となり、その価格が8,025テンゲ以下である)を否定しました。

◎同局は、「外国人のワクチン接種に関する不正確な情報のマスメディアにおける拡散の原因はインターネット接続の不調である」と発表しました。

◎ 同局は、「マスメディアとのオンライン会合で、ラボが実施するPCR検査の価格が 8,025テンゲ であると発表されたが、それは同市に一時滞在し、個人納税者番号を有さない外国人についての価格ではない」と説明しました。

◎また、同局は、「ワクチン接種の権利を有するのは、外国人を含めて国内に住所を有する者、労働移民、難民及び在外から帰還したカザフ人である。一時滞在の者はワクチン接種の対象ではない」と説明しました。

 

●当館領事メールのバックナンバーは以下のページから参照できます。

https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMail.html?countryCd=0007

●当館フェイスブック https://www.facebook.com/embassy.jp.kz/ にもCOVID関連情報を掲載しています。

(邦人保護等の緊急事態の場合の問い合わせ窓口)

○在カザフスタン共和国日本国大使館

住所:5th floor, Kosmonavtov Street 62, micro-district

"Chubary", Nur-Sultan, 010000, Republic of Kazakhstan

電話:+7 (7172) 977-843

FAX :+7 (7172) 977-842

○日本外務省領事サービスセンター

電話:(代表)+81-3-3580-3311(内線)2902,2903

(日本外務省関係課室連絡先)

○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐事件を除く)

(内線)2851

○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐事件等)

(内線)3047