新型コロナウイルス対策に関するマダガスカル政府発表(8月3日分)

●8月3日(月)、マダガスカル政府が、新型コロナウイルス対策に関する発表を行いました。発表の時点での感染確認件数は累計11660件です。

●事態は刻々と変わりますので、最新情報の入手に努めてください。

 8月3日(月)の新型コロナウイルス対策に関するマダガスカル政府発表の主要点は以下のとおりです。

1 8月3日(月)の新規感染確認は132人で、これにより、累計感染者数は11660人となった。132人の新規感染者の確認場所及び人数は以下のとおり。

・118人:アナラマンガ地域圏(アンタナナリボのある地域圏)

・4人:アムル二マニア(Amoron'i Mania)地域圏(アンチラベの所在するヴァキナンカラチャ地域圏の南に位置する地域圏)

・3人:ブエニ地域圏(マジュンガのある地域圏)

・2人:アチム・アンジェファナ地域圏(チュレアールがある地域圏)

・2人:メナベ地域圏(フィアラナンツァの所在する地域圏)

・1人:イタシ地域圏(アンタナナリボの西に位置する地域圏)

・1人:アチナナナ地域圏(トアマシナの所在する地域圏)

・1人:ソフィア地域圏(マジュンガの北に位置する地域圏)

2 新規快復者は381人で、これにより、累計快復者数は8825人となった。新規快復者が確認された場所及び人数は以下のとおり。

・333人:自宅療養(アナラマンガ)

・9人:アンチラベ

・22人:フィアラナンツァ

・3人:フォールドーファン

・7人:チュレアール

・1人:ムラマンガ

・1人:アンドロイ地域圏(マダガスカル最南端の地域圏)

・2人:ディアナ地域圏(ディエゴスアレスがある地域圏)

・3人:アチナナナ(トアマシナがある地域圏)

3 新規の死亡者が4人確認されており、これにより累計死亡者は118人となった。新規死亡者のうち、3人はアナラマンガ、1人はメナベ地域圏(フィアラナンツァの所在する地域圏)で確認された。

4 現在治療中の患者は2717人(前日比で253人減少)で、そのうち重症者は84人である(前日比6人減少)。

 事態は刻々と変わりますので、引き続き政府から最新情報の入手に努めるとともに、手洗い、うがい、マスク着用などの通常の感染症対策を行い、体調に異常がある方は早めの医療機関受診を心がけてください。

【参考:関連する日本のウェブサイト】

新型コロナウイルス感染症(外務省 安全海外ホームページ)

https://www.anzen.mofa.go.jp/

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ウェブサイト)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

日本国国立感染症研究所コロナウイルスに関して)

https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2482-2020-01-10-06-50-40/9303-coronavirus.html

 このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】

マダガスカル日本国大使館領事班

代表電話:+261(0)20−22−493−57

緊急電話:+261(0)32−07−072−11(※開館時間外に緊急でお困りの方)

大使館ホームページ:http://www.mg.emb-japan.go.jp/jp/index.html

大使館フェイスブックhttps://www.facebook.com/AmbJaponMdg

大使館ツイッターアカウント:https://twitter.com/JapanEmb_Madaga

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから

停止手続きをお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete