新型コロナウイルスに関する注意喚起(タミルナドゥ州初の陽性事例)

●タミルナドゥ州で初の新型コロナウイルス感染者が確認されました。

●感染者はオマーンからの帰国者で現在チェンナイ市内の病院で隔離され、容体は安定しているとのことです。

 報道によれば、タミルナドゥ州で初の新型コロナウイルス感染者が確認されたとのことです。

感染者はオマーンにて勤務する45歳の男性で、2月末にオマーンからインドに戻った際には何も症状がありませんでしたが、その後発熱や咳等の症状が出たため医療機関を受診し、検査の結果陽性となったものです。

 感染者の男性は、現在チェンナイ市内の公立病院に隔離されており、容体は安定しているとのことです。

在留邦人,インド旅行中もしくはインド訪問予定の皆様におかれては,引き続き最新情報の入手に努めてください。また,ご自身や周囲の人の感染予防のため以下の点にご注意下さい。

・アルコール系手指消毒薬または石鹸と流水による手洗いを頻繁に行う。目,鼻,口などに触れる前に手洗いをする。

・マスク等の確保に努め,咳やくしゃみがあるときはマスクを着用して鼻と口を覆う。マスクがない場合は,咳やくしゃみのときに口と鼻をティッシュなどで覆い,手洗いを行う。

・不特定多数の人と密閉された屋内で会うことを可能な限り避け,体調不良のときは外出を控える。

(問い合わせ先)

在チェンナイ日本国総領事館

電話:+91-44-2432-3860

http://www.chennai.in.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html