読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在ケニア大使館からの注意喚起(窃盗被害に注意)

在留邦人の皆様、旅行者の皆様へ

【ナイロビにおける窃盗被害に注意】

〜雨季及び選挙期間中の、窃盗被害(忍込み・空き巣・置き引き)に注意して下さい〜

在留邦人の皆様、5月14日(日)11時から13時30分までの間、在留邦人が多数居住するラビントン地区において、邦人被害の窃盗(空き巣)事件が発生しました。

 今後、8月8日のケニア総選挙投票日に向けて治安が悪化し、強盗や窃盗事件が増加すると予想されます。また、例年、雨季の期間は、空き巣や忍込み事件が多発します。皆様には、下記の点を参考にして頂き、窃盗被害に遭わないように注意して下さい。

【警備対策官からのコメント】

● 戸締まりや施錠を確実に行って下さい。

● 寝室に至る複数の室内ドアの施錠も確実に行って下さい。

● 現金等の貴重品は、寝室の鍵のかかるセーフティーボックスに保管するとともに、その所在についてはメイド等に知られないように保管して下さい。

● 泥棒とはち合わせしても、決して逆らったり戦ったりしないで下さい。物より命が大切です。

● 住宅のセキュリティを見直し改善して下さい。(玄関ドアに鉄扉を設置したり、セキュリティの弱いと思われる場所へのセンサーライト取り付け等)

● メイド、警備員等に対して、極力外出予定等を話さないで下さい。

 

平成29年5月15日

ケニア日本国大使館

領事・警備班

(電話:+254(0)20289−8000)