読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンパウロ総領事館からのお知らせ(被害速報)

          サンパウロ総領事館からのお知らせ(被害速報)

                                     平成29年5月11日

 以下の通り、邦人が被害者となる銃器使用強盗事件が発生しましたところ、ご注意ください。

1 発生日時

 5月8日(月)07時00分頃

2 発生場所

 Peixoto GomideとAv Paulistaの交差点付近

 【発生現場周辺地図 Google Map】

https://www.google.co.jp/maps/place/23%C2%B033'37.3%22S+46%C2%B039'23.6%22W/@-23.5603508,-46.6570972,19z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d-23.560352!4d-46.65655

3 事件概要

 被害者が車両運転中、上記地点で信号待ちをしていたところ、賊のうち1名(20代後半〜30歳くらい)に

運転席側の窓から銃を突きつけられ(窓は開いていた)指輪、時計を渡すよう要求された(もう一人の賊は

助手席側から手を差し入れた状態)。被害者は指輪を外すのに手間取っているうちに、賊が所持している

銃が模造品であると思われたところ、その後も時間稼ぎをし、信号が変わると同時に「発進する」旨告げ、

車を発進させた。後刻、助手席に置いてあったバッグの盗難に気づいた。身体的被害はなし。

4 被害品

 手帳、小切手等

5 防犯対策

(1)常に警戒心を維持し,時折周囲に視線を向けるなど、警戒心を顕示する。

(2)荷物は最小限にし、手元から離さず、貴重品は極力持ち歩かない。

(3)車両の窓に防犯フィルム張り、外から車内が確認できないようにし、乗車時には荷物をトランクに入れる等の

  措置を執る。

(4)料金支払い等、必要な場合を除き車両の窓は開けない。

(5)万が一、強盗に遭遇した場合は絶対に抵抗せず、犯人の要求に従う。

                                                以上

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 もし、ご帰国、他国に転居等されておられ、帰国(転居)届が

お済みでない場合は、誠に恐れ入りますが、最寄りの在外公館または

外務省領事局政策課領事IT班(東京03-3580-3311)まで御連絡ください。

ご帰国、他国に転居された方で、当館のメールマガジン登録されている方は

こちらで登録解除手続きをお願いいたします。

https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mailmz/delete?emb=sp.br

 なお、このメールに返信しますと、発信元の在外公館に返信できます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■