読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大使館からの注意喚起(E型肝炎の発生)

ニジェールにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

コートジボワール日本国大使館

 ニジェール南東部ディッファ州において、E型肝炎が発生。最新の情報を入手し,十分注意してください。

1 発生状況

 ニアメ発のAFP電によりますと、ニジェール保健省は、南東部ディッファ州にE型肝炎の流行を宣言しました。同州では今月初め以降、86人が感染し、うち25人が死亡したと報道されています。

2 感染地域における感染防止策について

 日本の厚生労働省ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/08/h0819-2a.html)によりますと、E型肝炎は、E型肝炎ウイルスによって引き起こされる急性肝炎で、主として経口感染しますが、ごく稀に、感染初期にウイルス血症をおこしている患者(あるいは不顕性感染者)の血液を介して感染することもあります。E型肝炎は開発途上国に常在し散発的に発生している疾患ですが、時として汚染された飲料水などを介し大規模な流行を引き起こす場合もあることが知られています。

 感染予防方法は、ウイルスに汚染された食物、水の摂取により感染することが多いので、予防には手洗い、飲食物の加熱が重要です。

 動物の内臓、特に豚レバーを食べる際には、中心部まで火が通るよう十分に加熱することが重要です。食べる前の調理の段階でも、皮膚の傷からウイルスが体内へ入ることのないよう注意してください。

3.連絡先

 在コートジボワール日本国大使館(ニジェールを兼轄)

 大使館代表 : (225)20 21 28 63(内線123)

 PCメール : consulat@aj.mofa.go.jp