読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在ケニア大使館からの注意喚起(予備選挙)

ケニア予備選挙に伴う注意喚起】

〜支援者の衝突、一般治安悪化、テロ脅威増大、渋滞発生へ警戒して下さい〜

在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

 在留邦人の皆様、ケニア全土では、4月13日から26日にかけて、8月8日実施の国政選挙に向けた与野党内の予備選挙が実施されております。13日以降、各地で支援者同士が衝突し死傷者が出ているほか、候補者が襲撃や誘拐に遭っています。

 また、予備選挙期間中に、強盗等の一般犯罪が急増するなど、警察力の低下に伴う治安悪化も顕著となっています。

 今後、予備選挙日の前後で更なる支援者同士の衝突が見込まれるところ、皆様には、同衝突に巻き込まれないように注意して頂くほか、治安悪化に伴う一般犯罪被害への警戒及びテロリストによるテロへの警戒を、これまで以上にお願いします。

与野党予備選挙日(4月19日現在)】

特に警戒を要する期間は、以下のとおりです。

ケニア全土

 4月21日(金)〜23日(日)

●ナイロビ

 ・4月21日(金)与党“Jubilee Party”の予備選挙

 ・4月25日(火)野党“NASA Parties”の予備選挙

 

1.与党“Jubilee Party” 

  4月21日(金):ナイロビを含むケニア全土

2.野党“NASA Parties”

(1)4月19日(水)〜22日(土)

   モンバサ郡、キリフィ郡、クワレ郡、タナリバー郡、ラム郡

(2)4月21日(金)

   ホマベイ郡、ミゴリ郡、ビヒガ郡、キシイ郡

(3)4月24日(月)

   シアヤ郡、キスム郡、ウアシンギシュ郡

(4)4月25日(火)

   ナイロビ郡、ガリッサ郡、マクエニ郡

3.野党“Wiper Deocratic Movement Kenya”

(1)4月21日(金)

   マチャコス郡、マクエニ郡

(2)4月23日(日)

   ナイロビ郡、キシイ郡、ニャミラ郡

(3)4月24日(月)

   キツイ郡

4.野党“Amani National Congress”

(1)4月19日(水)

   メル−郡、ニャミラ郡

(2)4月20日(木)

   キリフィ郡、マチャコス郡、ナンディ郡、ウアシンギシュ郡、カカメガ郡

(3)4月21日(金)

   クワレ郡、ナクル郡、タナリバー郡

(4)4月22日(土)

   ラム郡、モンバサ郡、ビヒガ郡

(5)4月23日(日)

   マクエニ郡

(6)4月24日(月)

   ナイロビ郡、ガリッサ郡、カジアド郡

(7)4月25日(火)

   バリンゴ郡、ブンゴマ郡、トランスンゾイア郡

5.野党“FORD Kenya”

(1)4月19日(水)

   ブシア郡、マンデラ郡、ガリッサ郡、ワジア郡、カジアド郡

(2)4月21日(金)

   カカメガ郡、ビヒガ郡、ムランガ郡

(3)4月23日(日)

   ミゴリ郡、ニャミラ郡、キシイ郡

(4)4月24日(月)

   トゥルカナ郡、ウエストポコット郡、トランスンゾイア郡

(5)4月26日(水)

   ブンゴマ郡、ナンディ郡、ウアシンギシュ郡

(警備対策官からのコメント》

 皆様には、「自らの安全は自らが守る」という意識で行動して下さい。また、当館からも最新の治安情報を発信しますが、皆様にあっても、メディア等から最新の治安情報収集に努めて下さい。宜しくお願い致します。

1.支援者の衝突への対策

 ● 支援者が衝突している場所には近付かないで下さい。

 ● 支援者が衝突していると認めた場合は、速やかに離脱して下さい。

2.一般犯罪対策

 ●一般犯罪が普段より増加していることを意識して下さい。

 ●単独徒歩での行動を避けて下さい。

 ●外出する際は、必要最小限の手荷物を持ち行動して下さい。

 ●住まいの戸締まりや室内ドアの施錠も確実に行って下さい。

 ●夜間、車両で行動する際は、裏道を避け明るい表道を利用して下さい。

 ●万が一、強盗や泥棒とはち合わせしても、逆らったり争ったりしないで下さい。物より命が大切です。

3.テロへの警戒

 ●自らが外国人であり、テロ攻撃の対象になることを認識して下さい。

 ●テロの標的となりやすい場所(外国人が利用するホテル、ショッピング・モール、 レストラン等)を訪れる際は、十分注意を払うとともに、滞在時間を可能な限り短くして下さい。

 ●ホテル、レストラン及びショッピング・モールに入店した際は、避難経路や方法を確認して下さい。

 ●不審な人物を発見した際は、その場から離れて下さい。

4.テロに遭遇した際の対応

 ●爆発音・銃撃音を聞いたら直ちに伏せ、這うように移動し、柱や壁などに身を隠した後、できる限り姿勢を低くして速やかに現場から避難して下さい。

 ●テロ現場には近付かないで下さい。 第2波攻撃のおそれがあります。

 ●テロ事件発生時は、外出を避けて下さい。同時多発テロのおそれがあります。

 ●テロに遭遇した際は、可能な限り親族や大使館等に連絡を入れ、自身の安否を知らせて下さい。

平成29年4月19日

ケニア日本国大使館

領事・警備班

(電話:+254(0)20289−8000)