読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在イスラエル大使館からの注意喚起(渡航情報)

4月10日(月)からのペサハ期間において、治安悪化が懸念されます。

在留邦人、たびレジ登録者の皆様へ

イスラエル日本国大使館

1 ペサハの休日期間(4月10日(月)〜17日(月))において、エルサレム旧市街、宗教施設等にて、治安悪化が懸念されます。

2 4月13日(木)は、エルサレム旧市街の「嘆きの壁」において、ユダヤ教徒約10万人の参加が見込まれるペサハ行事が予定され、15日(土)には、「聖墳墓教会」にてキリスト教徒約5万人の参加が見込まれるイースター(復活祭)行事が予定されています。

3 特に上記両日については、当地治安機関は全国から警察官を多数動員し、警備強化に当たることとする旨報じられています。

同地を訪れる予定の方、また、当地に渡航・滞在を予定されている方は、不測の事態に巻き込まれることのないよう具体的に以下の対応に努めてください。

(1)最新の関連情報を入手する。

(2)デモ・集会が行われている場所には、決して近づかない。移動中に集会等に遭遇した場合には、速やかにその場から離れる。

(3)標的となりやすい場所(※)を訪れる際には、滞在時間を可能な限り短くし、常に周囲の状況に注意を払い、不審な状況を察知した場合には、速やかにその場から離れる。

(4)特に、軍、警察等治安当局施設(含む車両)には近づかない。

※政府機関、検問所、宗教関連施設、宗教行事開催場所、報道機関、駅、有名ホテルやファースト・フード店を含む欧米関連施設、大型商業施設、レストラン、マーケット等。

4 連絡先

イスラエル日本国大使館  

電話:(03)695−7292

Email:本メールに返信下さい。

お使いのアプリケーションによっては、返信出来ない場合があります。

その場合は、ryouji@TL.mofa.go.jpに配信願います。

以上